ブックタイトル特定保健用食品2017年度版

ページ
46/90

このページは 特定保健用食品2017年度版 の電子ブックに掲載されている46ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

特定保健用食品2017年度版

09特定保健用食品に利用されている成分42 販売形態の見方:製品がどのような形態で販売されているのかを表しています。6種類の販売形態マークのうち、該当するものが色で表現されています。血糖値が気になり始めた方の食品糖尿病患者と予備群厚生労働省による平成28年国民健康・栄養調査結果では、「糖尿病が強く疑われる人」約1,000 万人、「糖尿病の可能性を否定できない人」は約1,000 万人と推計されています。国民の糖尿病の予防対策としては「肥満の回避」、「身体的活動の増加」、「適正な食事」が合理的であるとされています。また二次予防として、検診の受診率の向上、検診後の保健指導の徹底が重要であるといわれています。空腹時血糖値および75gOGTT(経口ブドウ糖負荷試験)による判定区分と判定基準(静脈血漿値)空腹時血糖値日本糖尿病学会 編・著 糖尿病治療ガイド2016-2017 より引用改変P19、P23、文光堂、2016注1)血糖値は、とくに記載のない場合には静脈血漿値を示します。注2)正常型であっても1 時間値が180mg/dL以上の場合は、180mg/dL未満のものに比べて糖尿病に悪化する危険が高いので、境界型に準じた取り扱い(経過観察など)が必要となります。また、空腹時血糖値が100 ?109mg/dLは正常域ですが、「正常高値」となります。この集団は糖尿病への移行やOGTT 時の耐糖能障害の程度からみて多様な集団であるため、OGTT を行うことが勧められます。負荷後2 時間血糖値(静脈血漿値)0 140 200 (㎎ /dL)正常型(正常高値)110100境界型126 糖尿病型(㎎ /dL)グルコース濃度(静脈血漿値)注1)血糖測定時間判定区分空腹時糖尿病型にも正常型にも属さないもの126mg/dL以上110mg/dL未満負荷後2 時間200mg/dL以上糖尿病型140mg/dL未満?または??および?境界型正常型注2)高血糖と糖尿病の関係食事から摂取した糖質は、消化管内でブドウ糖にまで分解・吸収されて血糖値が上昇します。このときすい臓からはインスリンというホルモンが分泌され、血液中のブドウ糖を筋肉や脂肪組織に取り込んで、血糖値を下げます。健康な人が適度な量の食事を、ゆっくりと食べていれば、この作用は正常に行われますが、過食や早食いなどをくり返すと、血糖値は食後急激に上昇し、すい臓からはインスリンが大量に分泌されるようになります。インスリンブドウ糖インスリンが不足インスリンが遅れて分泌●インスリンが正常に働いていればブドウ糖は細胞にどんどん取り込まれる。細胞●インスリンが不足したり、遅れて分泌されるとブドウ糖が細胞に取り込まれず血液中に増え、高血糖に。インスリンが大量に分泌されるような食生活を続けていると、遺伝的に糖尿病になりやすい体質の人は、すい臓が疲弊し、インスリンを分泌する能力が低下してしまい、またさらに食べ過ぎや運動不足による肥満が重なると、インスリンが血糖値を下げる効果も低下してしまいます。その結果、血糖値がなかなか下がらなくなり、慢性的に高血糖が続くようになって糖尿病を引き起こします。糖尿病が進行するとこんなことに…心臓では…? 心筋梗塞脳では…? 脳卒中腎臓では…? 糖尿病性腎症 放置すると人工透析に目では…? 糖尿病性網膜症 成人の失明原因No.1足では…? 糖尿病性神経障害 持続するしびれ感や痛みに悩まされます。? 糖尿病性壊疽 神経障害のため傷ができても気づかず、壊疽から足が切断されることも。糖尿病の3大合併症糖尿病は動脈硬化を進展させ、心筋梗塞や脳卒中を引き起こします。糖尿病は自覚症状がないまま進行し、血糖値が高い状態が長年続くことによって、さまざまな合併症を引き起こします。普段の生活でもバランスのとれた食事と運動を心掛けることが大切です。生活習慣を見直し、特定保健用食品を上手に取り入れて、健康的な食生活を心がけましょう!難消化性デキストリン、難消化性再結晶アミロース腸管壁から血液中への糖質の移行をおだやかにする働きがあります。グァバ葉ポリフェノール、小麦アルブミン腸内で糖質を分解する消化酵素α - アミラーゼの働きを抑え、糖質の消化吸収をおだやかにする働きがあります。L?アラビノース腸内で砂糖の分解酵素シュクラーゼを阻害する働きがあるため、L ?アラビノースを砂糖に添加することにより、小腸での砂糖の吸収率を下げる働きがあります。● 難消化性デキストリン● グァバ葉ポリフェノール● 小麦アルブミン● L ?アラビノ-ス● 難消化性再結晶アミロース血糖値が気になり始めた方の食品09