ブックタイトル特定保健用食品2017年度版

ページ
41/90

このページは 特定保健用食品2017年度版 の電子ブックに掲載されている41ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

特定保健用食品2017年度版

骨の健康が気になる方の食品骨は体の大黒柱!姿勢を保ち、衝撃から体を守ります。私たちの身体は、成人の場合206 本の骨で支えられています。骨は、私たちの身体を支えるだけでなく、大切な臓器を外部の衝撃から守る役割を担っています。特に脳や心臓、肺など生命を維持する臓器は骨に囲まれ守られています。骨はカルシウムの貯蔵庫!破壊と形成をくり返し生まれ変わります。骨には体内のカルシウムの99% が蓄えられています。体内のカルシウムが不足すると、“カルシウムの貯蔵庫”である骨から補充されます。骨は生涯を通じて破壊と形成をくり返しており、絶えず生まれ変わっています。ホルモンの変化や運動、食事からの摂取不足などによって、骨の破壊と形成のバランスが崩れると、骨量の減少が起こります。小さなうちから骨量をできるだけ高め、また骨量の減少を抑えることが、将来、骨粗鬆症などのリスクを減らすのに役立ちます。骨形成(骨の形成)骨吸収(骨の破壊)ビタミンK2MBP血液 Ca腸管骨促進促進抑制大豆イソフラボンMBPフラクトオリゴ糖ポリグルタミン酸腸から吸収カルシウムは貴重な資源。せっかく摂ったカルシウムを大切に!摂取されたカルシウムは平均30% 程度しか吸収されず、残りの70% 前後は吸収されないといわれています。摂取したカルシウムを効率よく吸収させ、骨への利用、つまり骨の破壊と形成のバランスがうまくとられることが骨の健康にとって重要なのです。普段の生活でもバランスのとれた食事と適度な運動を心掛けることが大切です。特定保健用食品を上手に取り入れて、健康的な食生活を心がけましょう!フラクトオリゴ糖おなかのビフィズス菌を増やし、整腸作用を促すといわれるオリゴ糖の1 つで、カルシウムの吸収を良くする働きがあります。大豆イソフラボン大豆の胚芽に多く含まれる成分で、骨からのカルシウムの溶出を防ぐことによって骨密度、骨強度を高める働きがあります。ビタミンK2骨にカルシウムを沈着させる機能をもつタンパク質(オステオカルシン)の活性化に必要なビタミンであり、骨の形成を助ける働きがあります。MBP(乳塩基性タンパク質)牛乳や母乳に微量しか含まれない天然微量タンパク質で、骨の破壊を抑え骨の形成を促すことで、骨密度を高める働きがあります。ポリグルタミン酸納豆のネバネバの成分で、カルシウムやミネラルを腸から吸収しやすい状態にして、骨の材料となる成分の体内への吸収を促進する働きがあります。特定保健用食品に利用されている成分07販売形態 ?     店頭販売(D:ドラッグストア、C:コンビニエンスストア、S:スーパーマーケット)   通信販売  訪問販売  その他(宅配、病院、デパート 他) 37● フラクトオリゴ糖● 大豆イソフラボン● ビタミンK2(メナキノン-7)● MBP(乳塩基性タンパク質)● ポリグルタミン酸● ビタミンK2(メナキノン- 4)● カルシウム【疾病リスク低減】骨の健康が気になる方の食品07