ブックタイトル特定保健用食品2017年度版

ページ
21/90

このページは 特定保健用食品2017年度版 の電子ブックに掲載されている21ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

特定保健用食品2017年度版

特定保健用食品に利用されている成分● ラクトバチルスGG 株 ● ビフィドバクテリウム・ロンガムBB536● Lactobacillus delbrueckii subsp. bulgaricus 2038株 と Streptococcus salivarius subsp. thermophilus 1131株● L. カゼイ YIT 9029(シロタ株)● B. ブレーベ・ヤクルト株 ● Bifidobacterium lactis FK120● Bifidobacterium lactis LKM512● カゼイ菌(NY1301 株)● ガセリ菌SP 株 と ビフィズス菌SP 株 ● ビフィドバクテリウムラクティスBB-12● ビフィドバクテリウム・ラクティスBB-12● ビフィズス菌Bb-12販売形態 ?     店頭販売(D:ドラッグストア、C:コンビニエンスストア、S:スーパーマーケット)   通信販売  訪問販売  その他(宅配、病院、デパート 他) 17おなかの調子を整える食品(乳酸菌類)01乳酸菌類を含む食品乳酸菌は有用菌の代表選手!腸内環境を改善し、おなかの調子を整えます。特定保健用食品で、毎日おいしく乳酸菌補給!乳酸菌は、おなかの中でたくさんの働きをしています!乳酸菌は生活スタイルなどによって減少しがち!?増やす努力が大切です。 腸内には、体に良い働きをする有用菌と、悪い影響を与える有害菌がすんでいますが、ビフィズス菌や乳酸菌は有用菌の代表です。これらは、有害物質をつくり出す有害菌の増殖を抑えて、腸内環境の改善に働いています。また、病原菌の増殖を防いだり、排便を促進する大切な働きもしています。 乳酸菌が健康に役立つのは、古くから知られています。世界の最長寿村、ロシアのコーカサス地方ではヨーグルトなどの発酵乳を常食していて、これが長寿の秘訣だと考えられています。 手軽に続けられる特定保健用食品で乳酸菌を積極的に摂り、おなかの中の環境を健康に保ちましょう。病原菌の増殖を防ぎ、体を守る働き乳酸菌のつくり出す有機酸が病原菌の増殖を抑え、感染を防ぎます。腸内の腐敗を抑える働き有害菌の増殖を抑え、有害物質をつくらせません。肝臓障害、動脈硬化・高血圧などの危険性を下げます。腸を刺激して、スムーズで速やかな排便を促す働きスムーズな排便を促せば、腸内に有害物質がとどまる時間が短くなるので、ある種の疾病の危険性が下がります。抵抗力を高める働き体の免疫機能を刺激して病原菌に対する抵抗力を高めます。コレステロール値の上昇を抑制する働きコレステロールが血液中に吸収されるのを防ぎます。 ストレスや肉食の多い食生活、不規則な生活、また年齢が進むにつれても腸内の乳酸菌は減少してしまいます。だから、乳酸菌を含んだ食品を積極的に取り入れましょう。ビフィズス菌、乳酸菌が減ると困ったことに! ビフィズス菌、乳酸菌が減少すると、有害菌が増殖して腸内に腐敗産物をつくり、さまざまなトラブルを引き起こします。 体内に便が長くたまると異常発酵し、有害物質がつくられる機会が増えます。これらの物質はいろいろな病気を引き起こす要因となります。12345血管では…? 高血圧肝臓では…? 肝臓障害心臓では…? 動脈硬化腎臓では…? 腎臓障害