オリゴ糖類食品  製品一覧

 大腸で腸内細菌により発酵されて
 腸内のビフィズス菌などの有用菌類を特異的に増やす。

規格基準の概要

 製品の種類

○オリゴ糖類加工食品
○オリゴ糖類含有食品

 製品規格

@次のオリゴ糖類の含有量は表示以上であること。
・フラクトオリゴ糖       ・イソマルトオリゴ糖
・転移ガラクトオリゴ糖    ・大豆オリゴ糖(ラフィノース、スタキオース)
・ラフィノース           ・キシロオリゴ糖
・乳糖果糖オリゴ糖      ・ラクチュロース
・ゲンチオオリゴ糖

Aゼラチン等の被包材の比率は、1粒中全重量の50%未満であること。

 安全・衛生基準

重金属等


ヒ素(Asとして)                        2ppm以下
重金属(Pbとして)                      20ppm以下

一般細菌数
  3×103個/g以下

大腸菌群  陰性

 1日の摂取目安量

・フラクトオリゴ糖                 1 〜8g
・イソマルトオリゴ糖                4 〜20g
・転移ガラクトオリゴ糖              1 〜5g
・大豆オリゴ糖(ラフィノース、スタキオース)  1 〜19g
・ラフィノース                    2 〜5g
・キシロオリゴ糖                  0.4 〜4g
・乳糖果糖オリゴ糖                1 〜15g
・ラクチュロース                  0.65〜8g
・ゲンチオオリゴ糖                4 〜15g

Copyright©2010 JHNFA. All rights reserved.