特保食品表示許可商品一覧 > 8.むし歯の原因になりにくい食品と歯を丈夫で健康にする食品と歯ぐきの健康を保つ食品


噛むことは健康の基本です!

 私たちが健康な生活を送るうえで、基本となることは「食べること」です。食べるために必要なのは「噛むこと」、噛むために必要なのは「歯」です。歯が失われると十分に噛むことができなくなり、その結果、食べることによって栄養を摂取することができなくなり、健康が損なわれていきます。

 砂糖や澱粉などの糖質は、私たちが生きていくためにも重要な栄養素です。むし歯の原因として昔から「甘いものがよくない」という、甘いもの原因説がありますが、甘いお菓子を食べることは、とても楽しく、豊かな気持ちにさせてくれるものです。

歯を丈夫で健康に保つには?

 歯が失われる原因としては、主に「むし歯(う蝕)」と「歯周病」が挙げられます。日常生活を健康な状態で維持するためには、これらについて正確な知識を持ち、日々予防に励む必要があります。

 80歳になっても自分の歯を20本以上保とうという8020運動が推進されています。むし歯や歯周病を防ぐためにもっとも大切なのは歯みがきです。歯を丁寧に磨くことにより、細菌のすみかである歯垢を除去し、むし歯や歯周病を効果的に予防します。

 歯周病の発生や進行を防ぐには、口の中の細菌量をコントロールすることがより重要となってきます。しかしながら、「年をとる」と体の生理機能はおとろえ、高齢になるにつれ、免疫機能をはじめすべての細胞の防御機能がおとろえてきます。10〜 20 歳台の若い人に比べると「年をとる」と歯周病になりやすく、その病状は進行しやすいといえます。もっとも、口の中を清潔に保つことは、年齢に関係なく歯周病を防ぐうえで大切なことはいうまでもありません。

 歯の健康は全身の健康の第一歩です。むし歯を防いで、健康的な食生活を送るためには、食後の歯みがきなどのセルフケアを身につけた上で、規則正しい食生活、定期的な歯科検診などの習慣に加えて、【むし歯の原因になりにくい食品】や【歯を丈夫で健康にする食品】【歯ぐきの健康を保つ食品】などの特定保健用食品を間食や食後などに上手に活用して、歯の健康を維持しましょう。

パラチノース、マルチトール、エリスリトール、
還元パラチノース、キシリトール
 歯垢内で酸が生成されず、pH が低下しないため、歯垢内のむし歯菌の栄養源になりにくい糖質で、むし歯になりにくい状態にします。

茶ポリフェノール
 ミュータンス菌に対する増殖抑制作用などにより、むし歯菌の増殖を抑える働きがあります。

CPP-ACP(乳たんぱく分解物)
 CPP-ACP(カゼインホスホペプチド- 非結晶リン酸カルシウム複合体)は、歯のエナメル質がカルシウムやリン酸塩を取り込みやすくし、歯の脱灰を促進することなく、再石灰化を促進し、再石灰化した部位の酸に対する抵抗力を高める働きがあります。

キシリトール、フクロノリ抽出物(フノラン)、
リン酸一水素カルシウム、リン酸化オリゴ糖カルシウム
 歯のエナメル質がカルシウムやリン酸塩を取り込みやすくし、歯の脱灰を促進することなく、再石灰化を促進する働きがあります。

リン酸化オリゴ糖カルシウム(POs-Ca)
 唾液中のカルシウムとリン酸の不溶化を防いで溶解性を保ちます。その結果、初期う蝕であるエナメル質の脱灰部にカルシウムイオンとリン酸イオンを効率よく供給し、再石灰化を促す働きがあります。

緑茶フッ素
 歯の表面を改善し、むし歯の原因となる酸に溶けにくい状態にする働きがあります。

ユーカリ抽出物
 口腔細菌の増殖抑制やグルカン合成酵素阻害によって口の中で歯垢がつくられにくくするのと同時に、歯周病関連菌の増殖抑制とタンパク質分解酵素の活性阻害により、歯ぐきの状態を健康に保つ働きがあります。

特定保健用食品に利用されている成分

  • パラチノース と 茶ポリフェノール
  • マルチトール と パラチノース と 茶ポリフェノール
  • マルチトール と 還元パラチノース と エリスリトール と 茶ポリフェノール
  • マルチトール
  • CPP−ACP (乳たんぱく分解物)
  • キシリトール と フクロノリ抽出物(フノラン) と リン酸−水素カルシウム
  • リン酸化オリゴ糖カルシウム(POs−Ca)
  • キシリトール と 還元パラチノース と リン酸−水素カルシウム と フクロノリ抽出物(フノラン)
  • キシリトール と マルチトール と リン酸−水素カルシウム と フクロノリ抽出物(フノラン)
  • 緑茶フッ素
  • カルシウム と 大豆イソフラボン【歯ぐき】
  • ユーカリ抽出物【歯ぐき】

Copyright(C)JHNFA.All rights reserved.