特保食品表示許可商品一覧 > 10.血糖値が気になり始めた方の食品


糖尿病患者と予備群

 厚生労働省による平成28年国民健康・栄養調査結果では、「糖尿病が強く疑われる人」は約1,000万人、「糖尿病の可能性を否定できない人」は約1,000万人と推計されています。国民の糖尿病の予防対策としては「肥満の回避」、「身体的活動の増加」、「適正な食事」が合理的であるとされています。また二次予防として、健診の受診率の向上、健診後の保健指導の徹底が重要であるといわれています。

高血糖と糖尿病の関係

 食事から摂取した糖質は、消化管内でブドウ糖にまで分解・吸収されて血糖値が上昇します。このときすい臓からはインスリンというホルモンが分泌され、血液中のブドウ糖を筋肉や脂肪組織に取り込んで、血糖値を下げます。

 健康な人が適度な量の食事を、ゆっくりと食べていれば、この作用は正常に行われますが、過食や早食いなどをくり返すと、血糖値は食後急激に上昇し、すい臓からはインスリンが大量に分泌されるようになります。

 インスリンが大量に分泌されるような食生活を続けていると、遺伝的に糖尿病になりやすい体質の人は、すい臓が疲弊し、インスリンを分泌する能力が低下してしまい、またさらに食べ過ぎや運動不足による肥満が重なると、インスリンが血糖値を下げる効果も低下してしまいます。

 その結果、血糖値がなかなか下がらなくなり、慢性的に高血糖が続くようになって糖尿病を引き起こします。

 普段の生活でもバランスのとれた食事と運動を心掛けることが大切です。生活習慣を見直し、特定保健用食品を上手に取り入れて、健康的な食生活を心がけましょう!

難消化性デキストリン、難消化性再結晶アミロース、
大麦若葉由来食物繊維
 腸管壁から血液中への糖質の移行をおだやかにする働きがあります。

グァバ葉ポリフェノール、小麦アルブミン
 腸内で糖質を分解する消化酵素α-アミラーゼの働きを抑え、糖の消化吸収をおだやかにする働きがあります。

L-アラビノース
 腸内で砂糖の分解酵素シュクラーゼを阻害する働きがあるため、L-アラビノースを砂糖に添加することにより、小腸での砂糖の吸収率を下げる働きがあります。
 
チオシクリトール、ネオコタラノール
 小腸のα-グルコシターゼを阻害し、食後血糖の上昇を抑える働きがあります。

特定保健用食品に利用されている成分

  • 難消化性デキストリン
  • バ葉ポリフェノール
  • 小麦アルブミン
  • 難消化性再結晶アミロース
  • L-アラビノ−ス
  • 大麦若葉由来食物繊維
  • チオシクリトール
  • ネオコタラノール

Copyright(C)JHNFA.All rights reserved.